地方公務員とは

地方公務員とは?

地方公務員は自治体の為に働く

世間一般では公務員とまとめられていますが、地方公務員は採用から人事配置まで自治体が行っています。その都道府県の全体を管理している県庁勤めともなれば、地元において社会的に揺ぎない信用を得られるのです。

 

地方公務員の行政職志望者にとっては、県庁と市役所のどちらに出願するのかが大きな悩みになります。

 

県庁の方が大きなスケールの仕事に関われますが、県内であればどこの職場になってもおかしくありません。逆に、市役所は狭い範囲での人間関係となるので、出願時に面接カードの提出などを求めるところもあるのです。

 

その自治体の為に働く立場になるので、一度経験がある年配者に相談しておきましょう。

 

地方公務員の仕事の魅力とは?

給与面だけで比較すれば、もっと良い待遇の民間企業はいくらでもあります。それでも優秀な人材がこぞって地方公務員を目指している大きな理由としては、地方公務員でなければできない独自の仕事があることを挙げられます。

 

たとえば、県内で許認可が必要な事業を始めるとなったら、どうあってもその県庁の担当者に許可してもらうしかありません。

 

民間企業であれば、同業他社に乗り換える、気に入らない担当者を変えてもらうなどの対応が取れますが、行政的な手続きは予め決められた手順を踏むしかないのです。

 

この唯一性は地方公務員の大きな特徴であり、また、他では代えがたい魅力の1つとなっています。

 

地方行政によって待遇が変わる

地方公務員の待遇は、地方行政によって決められているので、自治体によって大きな差がつきます。その自治体の住民から見られている地方公務員の給与は、民間企業の給与と比較されて議論の対象となるケースもあるのです。

 

徴収した税金から支払われている以上、地方公務員の待遇の一部については、誰でも閲覧できる形で一般公開されています。

 

また、内部情報の漏洩や地方公務員への悪評を避ける為に、私生活においても節度ある態度を心がけなくてはいけません。

 

自然災害などの非常時には、地方公務員として住民の救助と保護に勤めなければならず、自分の家族のことが後回しになってしまうケースもあります。