地方公務員 教養試験 出題傾向

地方公務員の教養試験(知識分野)の出題傾向と対策

覚えていれば解ける知識分野

地方公務員になる為には、どの自治体であっても教養試験が第一関門となります。一部の試験区分では専門試験は省かれていますが、さすがに教養試験は必ず行われるのです。

 

初級であっても高卒相当の学力なので、一般常識として知っているはずの物理、化学、生物、世界史といった科目からも出題されます。

 

公務員試験では、他では見られない特殊な科目として数的処理、文章理解などもあります。けれど、覚えていれば解ける知識分野を疎かにしてしまうと、難解な知能分野で稼いだリードがなくなってしまうのです。

 

一次試験は合計得点で判断されるから、学ぶことが多い中級・上級では、要領良く学習しておきましょう。

 

教養試験(知識分野)の出題傾向

教養試験(知識分野)の出題は、一般常識を確認する為に全体的となっています。知能分野より出題傾向が分かりにくい為、洗練されたカリキュラムが自慢の予備校でさえ、浅く広く全体を押さえる方針なのです。

 

一部の科目だけに絞ってしまうと、過去問から急に傾向が変わった時に対応できなくなってしまいます。

 

かといって、独学で広い試験範囲を押さえようとするのは非効率的であり、公務員試験に出題される要点だけ覚えられる対策講座がお勧めです。

 

試験直前に追い込みをかける時にも、完成度の高いテキストだから短時間で済みます。知識分野の学習が済んだら、苦手科目を重点的に復習するなどの工夫をしましょう。

 

どの程度の割合で勉強するべきか

中級・上級においては、知能分野の問題や専門試験の対策にも時間をかけなければいけません。そのため、知識分野について偏りなく全科目を勉強しつつも、同時に専門試験などの対策も行っていくスタイルになります。

 

頭を使う知能分野や専門試験と、ただ覚えるだけの知識分野のバランスを取ることがポイントです。

 

この勉強の割合という点でも、予備校のカリキュラムはとても秀逸です。最小限の労力で知識分野の合格点が取れるように構成されており、数多くの科目をどんどんこなせます。

 

具体的な勉強方法のアドバイスも行っているので、実際に合格者を出したノウハウに基づいて試験対策を進められるのが特徴です。