地方公務員 向いている

地方公務員に向いている人の特徴とは?

将来なりたい仕事を考えた際に、どのような仕事が自分に合っていると感じますか?

 

真面目だから税理士がいいかも?計算が得意だから数学の先生がいいかも?こどもが好きだから保育士がいいかも?といったように、自分の性格や好きなことなどをもとに考える場合が多いかと思います。

 

ですが、他人から見れば、他の職業の方が向いていると感じられる場合もあります。

 

そのような”○○の方が向いている”と感じられる背景には、どのようなものがあるのか気になるところです。

 

今回は、地方公務員に向いている方の特徴にはどのようなものがあるのか、見ていきたいと思います。

 

地方公務員に向いている人の特徴って何?

地方公務員に向いていると思われる方の特徴には、以下のようなものがあります。

 

・真面目な人
・見返りを求めない人
・評価されたいという気持ちがあまりない人
・誰かのために働きたいという気持ちが強い人
・地道に頑張ることが好きな人

 

など、このような方は地方公務員に向いているとされています。

 

まず、公務員の仕事としては様々な職業がありますが、そのどれもが真面目に仕事をこなす方を必要としている仕事です。

 

そして、公務員の仕事は利益のために働くものではありません。

 

一般的な企業に勤務する場合には、その企業に利益があるように働いていくことが大切になりますが、公務員は違います。

 

利益ではなく、市民の方のことを考えて働いていく事が公務員の仕事の目的となります。

 

時には市民の方から嫌な顔をされることもあります。責任もとても重く、もちろんミスは許されません。

 

そのような中で仕事をしていくために、保障は他の仕事よりもしっかりとしているのです。

 

このような事から、公務員は利益を求めて自分の力を存分に発揮したいという方には向いていない仕事です。

 

評価されるどころか、酷い言葉をあびせられることも多くあります。

 

「役所づとめなんて・・・」「教師なんて・・・」「警察官なんて・・・」などと言われることもよくあります。

 

ですが、それらの言葉を受けながらも、自分は違うという気持ちをしっかり持って、業務を遂行できる人が向いていると言えます。