地方公務員上級

地方公務員上級とは?

地方公務員上級とは、都道府県庁、東京都特別区、政令指定都市に勤務する公務員のことです。

 

仕事の目的は「地方活性化」

 

例えば「行政職」で採用された場合、「ゴミ処理問題」「都市開発」「税金」などさまざま業務を担当することになります。

 

住民と接する機会も多く、地域の声を拾い上げ行政に反映していくことができる、とてもやりがいのある仕事です。

 

地方公務員上級になるには?
地方公務員上級 試験内容は?

 

どんな仕事をするの?

地方行政を取り仕切る幹部候補生

地方公務員上級試験に合格すると、地方自治体の幹部候補生として、少しずつ責任ある仕事を任せられます。

 

地方公務員は、採用時点から専門性が高い国家公務員に比べて、地方行政の業務について一通りこなせる幅広さが魅力的です。

 

県庁勤務のケース

県庁に配属された場合、仕事は庁舎内における事務手続き、書類手続きだけにとどまりません。

 

中央省庁や他県の県庁職員との折衝、経済活性化の為の新制度の立案など、さまざまなプロジェクトに携わることができます。

 

2〜3年ごとに部署異動するのが一般的なので、自分が不得手な仕事になることもありますが、思わぬ得意分野を見つけられることもあるでしょう。

 

市役所勤務のケース

一方、市役所ではその地域の住民と対面する機会が多く、お互いに顔を覚えるぐらいの間柄になります。

 

「まちづくり」に参加している実感も得られ、社会貢献度も高い仕事だと言えるでしょう。

 

また一般の民間企業に比べ、福利厚生にも恵まれ、各種手当も充実していますので、非常に安定した環境で働いていくことができます。

 

初級と中級の一般行政職などを統括する役割

地方公務員上級は、幹部候補生として扱われる以上、「初級」と「中級」で採用された、他の地方公務員達を統括していく必要があります。

 

地方行政に直接関わっていくぶん、民間企業に比べて仕事の公共性も高く、地方公務員上級だからこそ任される職務もあります。

 

いつまでも指示された仕事だけをこなすのではなく、配属された部署の上司や先輩、同期の助けとなれるように、自らで考えながら日々改善していける人材が求められています。

 

地方公務員上級になるには?

 

上級試験に合格するには?

受験資格について

地方公務員上級試験は、「大卒相当」の難易度の試験という意味です。

 

つまり、最終学歴が高卒だとしても、受験自体は可能な自治体がほとんどです。

 

ごく稀に、応募資格に大卒を加えている都道府県もあるので、受験資格の詳細に関しては各自治体に問合せてみるとよいでしょう。

 

詳しい試験概要はこちら

 

難易度はどれくらい?

地方公務員上級試験は、地方公務員試験の中で最も難しいです。

 

難易度は、国家公務員一般職と同レベルで、平均して1年間程度の勉強が必要だと言われています。

 

高い教養と人生経験が求められる地方公務員上級の人気は高く、これまで中堅の役割を果たしていた中級の募集も上級へ流れつつあるのが現状です。

 

毎年、倍率は全国平均10〜15倍

 

試験範囲も広く覚えるべき項目も膨大なため、しっかりと事前対策をおこなわないと合格は難しいでしょう。

 

効率的な試験対策の方法

最も効率的な方法は、公務員専門のスクールへ通うことです。

 

独学も不可能ではありませんが、毎年実施される調査データをみても、「合格者の8割以上がスクール、または通信講座を利用した」と回答しています。

 

独学はお金がかかからないというメリットがある一方で、市販のテキストの情報量は少なく、内容も浅いので、完璧にマスターしたとしても100%合格できるとは限りません。

 

比較的難易度の低い中級試験(短大・専門学校の卒業程度)でも、膨大な知識を頭に叩きこまないと試験に対応できないと言われている中で、独学のみで上級試験に挑戦するのは、ある意味「無謀(むぼう」な行為です。

 

最近では、安価でコストパフォーマンスの高い「試験直前対策講座」や充実した添削サポートが魅力の「通信講座」なども出ています。

 

費用面や時間的な都合で、スクールに通うのがどうしても難しいという方は、独学に「短期講座」や「通信講座」などを組み合わせてみるのも1つです。

 

失敗しない!講座を選ぶ際に必ず確認すべきポイント

 

スクールを受講するメリット

たくさんの合格者を輩出してきたプロ講師に学べる
膨大な過去問データから導き出された学習カリキュラム
最新の出題傾向に基づいたテキストや教材
独学では難しい二次試験対策にも対応
一緒に切磋琢磨しあう仲間

 

スクールや通信講座を活用することで、学習効率が、独学の何倍にも引き上げられます。

 

どんなに努力しても、結果、合格できなければ何も意味がありません。

 

スクールを選ぶ際は、合格実績が高く、優秀な講師陣が揃っている評判の良いスクールを選びましょう。

 

失敗しない!講座選びの3ステップ

 

まずは全ての講座の資料を取り寄せてみましょう!

講座のパンフレットの画像

全国に大小100以上ある公務員向け講座を、一からすべて自力で調べ、自宅から通える学校をピックアップ、そこから1件1件詳細を調べていく作業は、時間と労力が掛かりすぎて大変です…。

 

むしろ、地道なネット検索だけですべての情報を収集するのは「不可能」です。

 

そんな時に便利なサービスが、公務員向け講座に特化した一括資料請求サイト「ブラッシュアップ学び」です。

 

実績の高い講座は全て網羅されているので安心ですし、地域ごとのフィルタリングもされているので、簡単に複数講座の特徴や料金を比較できます。

 

また、無料で送られてくる資料には、講座の内容以外にも、最新の試験情報や出題傾向、合格のポイントなど、役立つ情報が事細かく書かれています。

 

スクールや通信講座の受講を検討中の方はもちろん、独学で目指すと決めている方も、一度資料に目を通してみるだけでも参考になると思いますよ。

 

講座を比較するなら?

キャプチャ画像

ブラッシュアップ学びロゴ
公務員試験対策講座の掲載数No,1「ブラッシュアップ学び」を活用すると、人気の講座を一覧比較&一括資料請求できるので便利です♪送られてくる資料には、講座の内容以外にも、テキストのサンプル、合格者の実績、採用試験の対策方法など、これから試験を目指す人にとって有益な情報が豊富に掲載されています。まずは気になる講座の資料を取り寄せ、それぞれの特徴や違いを確かめてみましょう。

 

詳細ボタン