地方公務員 面接試験

地方公務員の面接試験ではどんな事を聞かれる?

なぜ地方公務員になりたいのか?

多くの職業の中からあえて地方公務員を選ぶからには、相応の理由があるはずです。したがって、地方公務員の二次試験である面接試験では、初級から上級に至るまで、必ず志望動機を聞いてきます。

 

最終合格者がすぐに辞めてしまった場合、それまでの地方公務員試験と研修にかかった費用が丸々ムダになってしまうからです。

 

自分にとってのミスマッチを避ける為にも、地方公務員を志望した動機を何回も考えてみましょう。

 

この志望動機は、地方公務員になって自分が貢献できることを説明する自己PRともつながっています。やりたいことがあるからこそ、それについて自分はこういうスキルがありますと説明する流れです。

 

この自治体を選んだ理由は?

志望動機を説明できても、次になぜこの自治体を選んだのかが問われます。自治体と地方公共団体の数だけ志願先があるので、そこを選んだ理由を説明できるように準備しておきましょう。

 

長年地元で生活している方であれば、自分の経験談から引用することが一般的です。それに対して、遠方から受験する方については、事前調査でどれだけ魅力を感じたのかといった、部外者だからこそ気づける視点を盛り込む形になります。

 

初級で遠方の自治体を受験するパターンは少ないので、基本的に中級・上級を受験する場合の大きな課題です。

 

志望動機にも関係してくる話なので、予備校で面接対策をしておくことをお勧めします。

 

これまでの主な活動をお聞かせください

この自治体で地方公務員になりたいと説明できただけでは、まだ公務員としてやっていけるだけの能力があるかどうかが分かりません。

 

出先機関もあるとはいえ、原則的に同じ都道府県、あるいは、市において長期間勤務する職種だから、公務員への適性や能力をしっかり確認することになります。

 

一次試験の点数だけでは分かりづらい、現実での問題解決能力などを見極める手段として、面接試験ではこれまでの主な活動を聞かれるのです。

 

まだ社会経験が乏しい学生であっても、アルバイトで責任ある仕事を任された等の説明ができます。社会人であれば、これまでの実務経験で自分がやり遂げてきたエピソードが効果的でしょう。