公務員試験 おすすめ 学習方法

公務員試験に合格するための、おすすめの学習方法

独学で対応できる部分はどれぐらい?

安定した公務員になれる公務員試験は、学生から社会人まで様々な方にとって魅力があり、書店の資格関係のコーナーには多くの参考書が並んでいます。中には評判が良いシリーズもあるので、一次試験の教養試験ぐらいなら参考書だけで合格できるでしょう。

 

しかし、書籍代を払うだけで済む反面、最新の試験情報が反映されていない点がネックになります。

 

現在の試験勉強には情報収集も含まれており、いかに自分に合った公務員試験を見つけて、それに最適化した勉強計画を立てるのかが重要なポイントです。年度改定があるとはいえ、出版時までの試験情報だけでは、大きく出題傾向が変わった場合に対応できません。

 

自宅で学ぶ通信講座のメリット

自宅で進められる通信講座は、講義の時間で自分のスケジュールを拘束されたくない方に人気です。予備校の校舎までの通学時間などをカットできるから、忙しい方でも空き時間で試験勉強を進められます。

 

通信講座のニーズが増加したことから、ほぼ通学講座と同じ内容になっています。オンラインのWEB講義も選択できるので、一次試験の専門試験まで通用する、総合的な学力を養えるのが特徴です。

 

自己管理ができる方にとっては、公務員試験に合格できるメソッドの対策講座をリーズナブルに受けられます。また、大手予備校では、何回か生講義に参加できるサービスもあるので、苦手科目だけ直接教わることも可能です。

 

なぜ通学講座が受験生に人気なのか?

わざわざ予備校の校舎まで通って受講する通学講座が、なぜ受験生に人気なのか?それは、長いカリキュラムを最後までやりきれるだけの動機づけになるからです。

 

上級を受験するとなると、どれだけ勉強方法を効率化しても、試験範囲を一通り終わらせるまでに1年間はかかります。さらに、膨大な量を暗記する必要があり、定期的にそれまでに覚えた範囲を復習していくのです。

 

自分1人だけで、これだけの険しい道のりを歩んでいくことは難しく、モチベーションを保ちやすい通学講座を選ぶ方も大勢います。なお、予備校の校舎には、アドバイザーがおり、先に公務員になったOBが残した情報ファイルの閲覧もできます。