地方上級公務員試験 出題内容

地方上級公務員試験の出題内容

広い試験範囲を効率良く学ぼう

地方上級公務員試験は、4年間の大学生活で卒業に必要な単位を取得できる方を対象としており、一次試験では一筋縄ではいかない問題も出題されます。

 

その科目は、数字を扱って計算する数的処理、文章読解、法律全般、経済全般、代表的な政治学と、地方公務員の職務執行に求められる能力が分かるものばかりです。

 

歴史などの暗記科目も含まれており、難関大学に現役合格した方ですら、試験対策に集中して1年間ぐらいかかります。もしも働きながら学ぶとなったら、数年がかりになる場合もあるのです。

 

広い試験範囲を効率良く学ぶことが重要だから、まず自分が願書を出す自治体や地方公共団体の出題傾向を把握しましょう。

 

苦手科目を作ると不利になる

一次試験では、全ての問題に解答するパターンと、自分で選択回答するパターンの2種類があります。深い知識が必要な専門試験との兼ね合いもあるので、この筆記試験の特徴だけでも受験先が決まってしまうのが現状です。

 

地方上級公務員試験の広い試験範囲の中には、自分にとっての苦手科目も見られるでしょう。しかし、苦手科目を放置しておくと、まったく手も足も出せなくなってしまい、志願する候補が大幅に減ってしまう危険すらあります。

 

苦手科目を作ると不利になり、それだけで地方公務員になる道が狭くなると心得ておきましょう。なお、自分の苦手科目を克服したい場合は、予備校の受験テクニックが必須です。

 

予備校の対策講座が必要不可欠

予備校の対策講座は、教材と講義がリンクしている上に、1年間という長丁場を乗り切れるだけの工夫が盛り込まれています。加えて、大学生から転職希望の社会人まで、それぞれが受講しやすい日時にコースを開催しているのです。

 

競争倍率の高い地方上級公務員試験に合格する為には、もはや予備校の対策講座が必要不可欠となりました。他の受験生が、要点だけ記された教材で手際良く勉強している以上、それと同等の学習環境を整えることが合格への第一歩です。

 

生講義を選べば、予備校がキャッチした最新情報も反映されるので、より有利になります。勉強で色々書き込んだテキストは、受験当日まで役立ってくれるでしょう。