地方中級公務員試験 出題内容

地方中級公務員試験の出題内容

一次試験では合格点を取れるように

地方中級公務員試験は、初級と上級に比べて試験の情報量が少なく、予備校の対策講座も上級に含まれているケースが大部分です。そのため、中級の試験対策としては、上級の対策講座を受けることも検討しなければいけません。

 

短大・専門学校卒を対象としている試験だから、上級ほどの難易度ではないものの、ポジション的に上級の基礎問題が出題されやすく、あえて受講するだけのメリットがあるのです。

 

教養試験と専門試験の両方に備える意味でも、合格点を取れるメソッドで勉強できる予備校を選ぶことは、コストパフォーマンス抜群となっています。短時間で試験勉強を進めていけるから、忙しいフリーターの方でも安心です。

 

専門分野をアピールすると効果的

地方中級公務員試験においては、教養試験の対策だけで手一杯になり、専門試験まで勉強が追いつかずに落ちてしまうパターンが多いです。いっそ専門試験がない自治体を選ぶのも良いのですが、教養試験だけの一次試験となれば、日本全国から受験生が集まってきます。

 

逆に、専門試験でも合格点をマークできるようになれば、日本全国が受験対象になるのです。

 

自分の専門分野をアピールする為には、論理的に説明できる文章力を養っておく必要もあります。論文作成の機会が少ない短大・専門学校生は、論文試験の対策で差をつけることも効果的です。

 

二次試験の個人面接や集団討論に備えることも、忘れてはいけません。

 

地方公務員としての心構えを持とう

短大・専門学校卒の方にとって、自分の学歴に見合った問題が出される地方中級公務員試験は魅力的であり、長時間のアルバイトと試験対策を両立させているケースがよく見られます。

 

地方公務員は長期的に勤める職種だから、二次試験の個人面接でも志望動機などを深く質問されます。全体的に定着率が高く、地元住民から常に仕事ぶりを見られている職場とあって、面接官が納得した受験生だけ採用する傾向にあるのです。

 

早く地方公務員としての心構えを持つ為には、これまでに合格していった先輩方の情報を閲覧できる予備校を利用しましょう。若手らしい勢いも大切ですが、地元に貢献する意思が強いことも示すべきです。