地方公務員 給料

地方公務員の給料はどれくらい?

公務員は給料が高いといわれていますが、実際にはどうなのでしょうか。

 

不景気になれば公務員の給料はどんどん下げられますが、景気が戻っても公務員の給料は元に戻らないとされています。

 

今回は、地方公務員の給料について見ていきたいと思います。

 

高いと騒がれている公務員の給料、実はそうでもない?!

地方公務員の給料が高すぎるという話はよく耳にすると思います。

 

ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

公務員の給料は俸給表によって決められており、どの立場かによって振り分けがなされます。

 

公務員の給料の平均を調べてみると、大体40歳半ばの方で、42万円程度という結果になりました。

 

公務員の場合には年功序列が多くなっていますので、勤続年数が長いと、その分お給料も高くなると言えます。

 

とはいえ、それぞれの都道府県によっても異なりますし、先ほどの俸給表によっても異なります。

 

給料が高いと言われている地方公務員ですが、高い額をもらっている方の例ばかりが挙げられているだけであって、実際には40代でも30万円程度の給料となっていることは多くあります。

 

つまり、サラリーマンや他の職種の方とさほど変わらない額の場合も多いということです。

 

地方公務員の諸手当が高いために、給料が高くなるというのも公務員の特徴です。

 

ただ、700万円近くもの年収になる地方公務員の方は、そこまで多くはないと言われています。

 

地方公務員に関わらず、よくテレビなどで大きくとりあげられるのは、一部の方の話であるということです。

 

テレビの情報に惑わされ、地方公務員は全ての人が高給取りだなんて、間違っても思わないようにしてくださいね。

 

公務員の給料は安定しているからと、職を選ぶ方がおられるのですが、実際に仕事に就いてみると辞めてしまう方もおられます。

 

市役所勤務の地方公務員の初任給においては、大卒で16万円程度となっていますし、現実はテレビで報道されているようなものではないのです。

 

しっかりとした目的をもって仕事を選ぶ事をおすすめします。