公務員 安定

公務員が安定している理由とは?

公務員は安定しているという話をよく耳にするのではないでしょうか。

 

これはどのような理由で言われていることなのか、間違った解釈をしないためにも知っておくことは大切だと思います。

 

公務員が安定しているという本当の意味とは?

一般的な認識としては、「公務員は給料が高くリストラもないから安定している」というような意味で捉えている方が多いと思います。

 

ですが、それをそのまま捉えてしまうのは、少し間違っているのです。

 

公務員は、副業も制限されていますし、ストライキもしてはならないことになっています。

 

公務員の仕事を全うするために副業が制限されており、公務員がストライキをおこしては国民の生活が今までどおり出来なくなってしまうために禁止となっているのです。

 

それだけ、公務員の仕事が国民の生活にとって重要であるということになります。

 

公務員の仕事はテレビなどで言われているような楽なものではありません。

 

実際に高い給料を貰う公務員も一部ですし、景気が悪くなれば「公務員の給料を下げろ」と言われ、景気が良くなっても給料を上げてもらう事はできない・・・

 

残業も多く、なにか不満があっても何も行動を起こすことが出来ません。

 

そんな中で、周りからは公務員というだけでありもしないイメージを持たれて色々と言われるのです。

 

公務員が安定しているというのは、給料の高さではありません。

 

自分たちが不満を持ってストライキを起こしたり、副業をしたりすることが出来ない分、リストラがないということです。

 

公務員の仕事が国民の生活に大きく影響しているために、公務員の生活をしっかりと安定させなくてはならないということなのです。

 

例えば、○○社の社員が、会社に不満を訴えてどんどん辞めてしまい、倒産してしまいました。

 

そうなった際に、私達の生活に何か影響はありますか?

 

「○○社の社員が減ったから、生活保護が受けられない」「○○社の社員が減ったから、福祉サービスが受けられない」

 

「○○社の社員が減ったから、生活上必要な手続きが出来ない」「○○社の社員が減ったから、学校で勉強が出来ない」

 

なんてことには、ならないはずです。

 

公務員が仕事や給料に不満を感じやめてしまうことになれば、私達の生活はとても大変になってしまうのです。

 

公務員としての立場を安定させることによって、そのようなトラブルがないようにしているのですね。