地方初級公務員試験

地方初級公務員試験の概要

高卒で合格点が取れる公務員試験

地方初級公務員試験は、高卒程度の学力を対象とした内容であり、高校までに習ったことを一通り理解していれば、筆記中心の一次試験で十分に合格点が取れます。

 

もっとも、難易度が低くても公務員試験には変わりなく、その出題範囲の広さは他に類を見ないほどです。

 

高校であまり勉強が得意でなかった方は、一次試験の足切りを避ける為に、予備校の対策講座を受けておきましょう。

 

二次試験の面接についても、まだ社会を知らない高卒の若者相手なので、上級・中級に比べると要求水準は高くありません。とはいえ、まだ年配の方に応対する経験に乏しい年齢だけに、予備校の模擬面接などで準備しておきたいところです。

 

若さのアドバンテージを活かそう

最も年齢制限が厳しい地方初級公務員試験は、他の学歴の方が受験しにくい環境となっており、高卒の方にとっての有望な就職先です。

 

まだ若いことから将来性を評価してもらえますし、予備校の対策講座を受講する為の学費もアルバイト等で稼げます。

 

中級が上級に統合されつつある一方、若手をじっくり教育できる初級については、各自治体や地方公共団体で一定数の需要が見られます。

 

初級を受験できる年齢であれば、民間企業に対する就職活動へ切り替えることも可能です。若さのアドバンテージを活かし、アルバイトで生活費を稼ぎつつ、長期的に安定して働ける地方公務員を目指してみるのも良い選択と言えるでしょう。

 

公務員の専門学校へ通学する方法も

この地方初級公務員試験については、公務員の専門学校へ通学する方法も効果的です。高校の成績は悪かったけれど、どうしても地方公務員として働きたいのならば、1年間ぐらい試験勉強に励んでみることをお勧めします。

 

高校の学習内容を丁寧に復習してくれるから、独学で悩むよりもスムーズに理解できます。さらに、地方初級公務員試験などの高卒程度の公務員試験が最終目的だから、試験に合格できる水準に最短距離で突き進めるのです。

 

公務員の専門学校では、学校生活を楽しみながらも、計画的に試験勉強を行えます。対策講座よりも学費はかかりますが、明るく社交的な人間性も養える点が大きな魅力です。