地方公務員 種類

地方公務員の種類はどんなものがある?

地方行政を司っている一般行政職

地方行政の諸事項は、地方選挙で選ばれた政治家などが決めていきますが、それらを具体的に実施するのは一般行政職の職員です。

 

各部署の担当者が自分の仕事をこなすことで、必要な通達から決済までスムーズに進行する構図となっています。

 

採用時に希望部署を申請できるものの、人事配置においては自治体の都合が優先されることが多いです。また、初級から上級の試験区分にこだわらず、優秀な人材を抜擢していく方針の自治体も見られます。

 

税金で運営されている関係上、細かい経費までトップの決済を必要とするのが特徴です。さらに、所定の手順で書類手続きを行う為、仕事に慣れるまでには時間がかかります。

 

地方公共団体を支えている事務職

警察や学校などの独自の世界観がある地方公共団体であっても、忙しい現場に代わって各種手続きを行う事務職の存在が欠かせません。しかし、その世界観に適性がある人間でないと、能力があっても長期的に働くことが困難です。

 

この地方公共団体の事務職は、現場ではなく裏方で活躍していくので、現場に出る警察官などの職種よりも負担が少なくなっています。

 

そのため、デスクワーク中心で働く事務員になりたい方が多く集まっており、この事務職については、どの地方公共団体でも高い競争倍率となっているのです。

 

最終的に採用されるのは1人、2人といった少人数だから、併願先をよく考えなければいけません。

 

治安維持を担っている公安職

自治体の治安維持を担っているのが、街角でよく見かける警察官、消防士です。地方公務員という安定した立場であるけれども、犯罪者や火災に立ち向かっていく仕事となっており、職務執行には危険が伴います。

 

むろん、私生活すら制限される仕事内容に見合った給与体系ではありますが、現場仕事をこなせるだけの体力と精神力が必須です。

 

それぞれ全寮制の学校で一から教育するカリキュラムが整っており、高卒相当の地方公務員を目指す方も広く受け入れています。仮眠をしながらの長時間勤務もある職種だから、よく考えてから受験しましょう。

 

公安職のやりがいは大きく、自分たちが自治体を守っていることを実感できます。